診療内容

予防診療

予防診療

当院では、狂犬病、混合ワクチン、フィラリア、ノミダニ予防等の各種予防を行っております。
予防することで防げる病気はたくさんあります。大切なご家族の一員である動物達を病気から守るためにも、予防を心掛けましょう。
※ワクチン接種の場合、アレルギーを考え、なるべく午前中の接種をお勧めします。また、接種後院内で20分間待っていただき、体調の確認をしております。
避妊・去勢手術

避妊・去勢手術

避妊・去勢手術は、望まれない子犬や子猫を増やさないという目的はもちろんのこと、乳腺腫瘍、卵巣腫瘍、子宮蓄膿症、前立腺肥大、精巣肥大、肛門周囲の腫瘍、会陰ヘルニアなどホルモンによる病気の予防、またストレスの防止になるといわれています。ご不明な点、心配なことがございましたら獣医師にご相談ください。
皮膚科

皮膚科

皮膚病は、すべての病気の30~40%を占めるといわれ、ホームドクターにとっては、とても重要な病気となっています。また、飼い主さんにとっても、すぐ眼で見てわかり、とても心配な病気でもあります。
その皮膚病に対し、皮膚科専門医の永田雅彦先生の言われている、論理的なアプローチにより、皮膚を評価、治療の指標を示し、飼い主さんに納得してもらえる説明、治療を心がけています。
『論理的なアプローチとは、動物の種類、年齢、性別を基に皮膚の状態を見極め、疾患群(1.感染症 2.アレルギー 3.内分泌(ホルモン)疾患 4.免疫介在性疾患 5.先天的要因 6.腫瘍 7.精神的要因 8.その他)を鑑別し、さらに病歴と現在の状態を考慮し、評価を行い、治療していくことである。』
また、ホームドクターとして治療が困難なものに対しては、それを見極め、専門医の先生とのネットワークを作ることも重要であると考えています。
定期検診

定期検診

動物達の健康のためには、何らかの異常を感じる前に定期的に健診を行うことが大切です。病気の早期発見・早期治療につながりますので、是非ご来院ください。
マイクロチップ

マイクロチップ

直径2mm、長さ12mmのマイクロチップ(写真)を首から肩にかけての皮膚の緩い場所に挿入します。迷子時の身元確認ができ、震災以降、重要性が見直されています。マイクロチップを入れる針が少し太めなため、当院では局所麻酔をして挿入しています。

お知らせ

アクセス

【電車】小田急江ノ島線 鶴間駅 徒歩5分
【お車】駐車場完備

犬・猫
  • ドクターズファイル
  • もり犬猫病院@院長日記
  • 日本大学動物病院(ANMEC)
  • 日本獣医高度医療センター
  • DVMs どうぶつ医療センター
  • 日本獣医皮膚科学会
  • ASC どうぶつ皮膚病センター
  • 日本臨床獣医学フォーラム JBVP
  • 犬と猫の栄養成分辞典